アブサン研究室 -Absinphile-

アブサン愛飲家が、アブサンの魅力を語るブログです。アブサンが飲めるバーで実際に飲んだ感想やアブサンが印象的な映画などについて掲載します。

【アブサン×BAR訪問】BAR Libertine (リバティーン)町田

新宿から小田急線快速急行に乗り30分、東京の町田駅に降り立つ。


町田に降り立ったのは何年ぶりだろうか。でも不思議と町田のイメージは昔の時とあまり変わっていない。新しいお店は増えただろうし、人の出入りも多くなっているはず。
でも私が町田に抱く、雑多で多種多様な人が文字通り入り乱れるイメージは変わらない。そしてそこはマイペースで、いろんな物を受けいれ、包容力があるのかもしれないし、ただ他のものに無関心なだけなのかもしれない。


南口をでて、まっすぐまっすぐ歩く事7分程、町田仲見世商店街に辿り着く。こういう雰囲気の商店街、いいね。いいね。


まるで迷路の様な商店街をぐるぐるしてしまった後、ようやく今回の目的地に到着。


Bar Libertine(バー リバティーン)である。

f:id:okamisan11:20200908182051j:image


突如現れる、涼しげで深みのあるターコイズブルーの暖簾。

この商店街によく似合う。

 

中に入ると


「いらっしゃい」


とマスターが声をかけてくれた。


モサっモサの顎髭、おしゃれな帽子がとてもよくお似合い。
貫禄のある風貌だけど、物腰柔らかくてとても温かく、穏やかで優しいマスターだ。。。


テーブル席はなく、カウンターのみ。6席〜8席ほどあったかな?
1人客が多い様だ。


メニューはおそらく無さそう、、、なので、マスターとの会話を楽しみながらオススメを沢山きいてみよう。


私が来店したのは6時過ぎ。
少しお腹が空いていたのでフードはありますかと尋ねたら、
「丁度、昼間から仕込んでいたカレーが出来上がったところです」との事。


カレーライスってアブサンにも合うし、こりゃ決まりだね。

 

f:id:okamisan11:20200908182116j:image


スパイスたっぷりのマスターお手製カレーだ。
フェンネルシード等、アブサンに使われている様なスパイスやハーブがたっぷり入っている。辛さもちょうどいい。あと引く辛さ〜。
食べ終わったのに、また食べたくなる様なカレー。


合わせて一緒に飲んだのは、トレーネのソーダ割り。

f:id:okamisan11:20200908182145j:image


トレーネのパンチある味がソーダによって和らげられて、それがカレーと絶妙にマッチしているぅ。。。
最高でした。

 


「いや、もう昼間から汗かきながら作ってるんでねぇ。僕の想いはたっぷりはいってますよ」


あ、、、マスターほんと優しい方だ。
(優しい人に会うと最近涙が出ることがある)


お腹も満たされて、アブサンをドリップで飲みたいなぁと思い、酒棚を見てみると、
見たことがないボトルがズラリズラリ。
話を聞くと、お店のオープンの為にマスターがスイスへ行って直接買い付けてきたものが沢山置いてあるのだ。日本では簡単に手に入らない物ばかり。
マスターのスイスへのアブサントリップストーリーを聴くだけでも楽しい。


そして私が出していただいたものはコチラ

absinthe.hatenablog.jp

 


ファウンテンも現地で購入してきたものとの事。
日本ではなかなか買えなくてね、、、。私も自宅用に一つ早くほしいなと思っているんだけど、、、。

 


いやはや、ここまで大大大満足です。


そしてそして更に嬉しいことに、
なんとコチラのバー喫煙可能です。
オープンエアーで換気扇もガンガン回っているので煙たさもあまりないです。


町田という場所に、すっかりアブサン の風穴はあいておりました。
とても素敵なお店でしたよ。

 


BAR Libertine
【住所】東京都町田市原町田4−5−19
仲見世商店街内よしざわ店舗
【営業時間】
17:30〜00:30

17:30〜2:00(火曜日のみこちらの営業時間)
【定休日】
水曜日


営業時間は変更になっている場合がありますので、お店に確かめてくださいね。

【bar instagram】

https://www.instagram.com/bar_libertine/?hl=ja