アブサン研究室 -Absinphile-

アブサン愛飲家が、アブサンの魅力を語るブログです。アブサンが飲めるバーで実際に飲んだ感想やアブサンが印象的な映画などについて掲載します。

アブサンリスト【少しずつ更新】

国別にアブサンを一覧にしてご紹介します。

www.instagram.com

スイス

Artemisia Distillery(アルテミジア蒸留所)

Clandestine(クランディスティーヌ)

蒸留所:Artemisia

容量:700ml

度数:53%

コメント
アブサン発祥の地であるヴァル・デ・トラヴェールのクヴェ村で作られる高品質のアブサン。2005年3月にスイスでアブサンが合法化されたとき最初にリリースされたオリジナル。ワームウッドをはじめ10種類以上のトラヴェール産ハーブが生み出すフレーバー、そして後味はかすかに残る苦味が特徴。アルコール度数も低いので、アブサン初心者にもオススメ。

▼詳しくはコチラ▼

【アブサン紹介】Clandestine(クランディスティーヌ) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Butterfly classic(バタフライ クラシック)

蒸留所:Artemisia

容量:750ml

度数:65%

コメント
アメリカのボストンにあったアブサンを復刻。 レモンとマンダリンオレンジのような柑橘系に、スパイスとミントがバランス良く混ざり合っている。 ミルキーさと素晴らしいフレーバーでアルコール度数をあまり感じさせない。

▼詳しくはコチラ▼

【アブサン紹介】Butterfly Classic(バタフライ クラシック) - アブサン研究室 -Absinphile-

 

 

ーーーーーー

Capricieuse(カプリキューズ)

蒸留所:Artemisia

容量:750ml

度数:75%

コメント
クランディスティーヌの72%バージョンといった感じ。同じレシピで作られている。 カプリキューズは’移り気な、気まぐれな’という意味。アニスを感じる甘みのあるアブサンだ。

ーーーーーー

Marianne(マリアンヌ)

蒸留所:Artemisia

容量:700ml

度数:55%

コメント
フランスの基準に合わせてフェンネルが使用されていない。このマリアンヌはフランス、ポンタルリエで行われる国際アブサンコンクールにおいて2005年〜2008年まで、4年連続で最優秀賞を受賞している。

ーーーーーー

Angelique(アンジェリーク)

蒸留所:Artemisia

容量:700ml

度数:68%

コメント
アンジェリークというのは「天使のようなお酒」という意味。薬草のアンジェリカから命名されていたり、生産者の娘の名前でもある愛情たっぷり入ったアブサンだ。使用しているハーブはクランディスティーヌと同じだが、製法が少し異なる。ハーブをスピリッツに漬け込み蒸留した後、数種類のハーブを数日漬け込んでいる。その後濾過してボトリングされているのがこちらのアブサンだ。苦味をしっかり感じるが奥深い甘さもある。

▼詳しくはコチラ▼

【アブサン紹介】Angelique(アンジェリーク) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Matter-LuginbühlAG(マター・ルギンブル)

Mansinthe by Marilyn Manson(マンサン バイ マリリン マンソン)

蒸留所:Matter Luginbuhl
容量:700ml
度数:66.6%

コメント
ロックスターのマリリン マンソンがプロデュースしたアブサン。開発には2年を費やし「マンサン」という名でマンソン自身が描いた水彩画をラベルに採用する等、マンソンのアーティスト性が全面にでたアブサンとなっている。人工甘味料や着色料は一切使用していない天然ハーブのアブサンだ。マンソンらしさが全面に出たアブサンだが、味はこれまた驚く程美味しい。

▼詳しくはコチラ▼
【アブサン紹介】Mansinthe Absibthe by Marilyn Manson (マンサン アブサン by マリリン マンソン) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Kallnacher(カルナッハ)

蒸留所:Matter Luginbul

容量:500ml

度数:55%

コメント
透明の美しいアブサン。加水すると白濁し、スイスのアブサンだということを強く感じる。ハーブのバランスが良く、苦味はあまり感じず甘味が口の中に広がる。レモンバームの様な、長めで品の良いアロマ。

ーーーーーー

Duplais Verte(デュプレ ヴェルテ)

蒸留所:Matter Luginbul

容量:1000ml

度数:68%

コメント
2005年3月1日の合法化以来のスイスで作られた最初の「ヴェルテ」である。19世紀のフランスのレシピによって作られ、最高品質のハーブが使用されている。砂糖は入っていない。このデュプレヴェルテは「アブサンアートエディションシリーズ」の最初の作品となっている。ラベルもぜひ楽しんでもらいたい。

ーーーーーー

Duplais Verte "Retro Edition"(デュプレヴェルテ「レトロエディション」)

蒸留所:Matter Luginbul

容量:700ml

度数:68%

コメント
合法化以来の最初のスイス「アブサンヴェルテ」のアートワーク「レトロエディション」バージョンである。独特の黄金色アブサンからミルクセーキの様な色に変化するドリップスタイルでぜひ。とても長い余韻も素晴らしい。

ーーーーーー

Duplais Blanche "Retro Edition"(デュプレブランシュ「レトロエディション」)

蒸留所:Matter Luginbul

容量:700ml

度数:68%

コメント
「ヴェルテ」に続いてこちらはブランシュ。最高品質のワインアルコールで作られている。もちろんこちらも砂糖無し。

ーーーーーー

Duplais Balance "Retro Edition"(デュプレ バランス「レトロ エディション」)

蒸留所:Matter Luginbul

容量:700ml

度数:60%

コメント
名前の通り、とてもバランスが取れている優れたデュプレシリーズ3番目のアブサン。加水後の淡いグリーンと素晴らしい香りにうっとりするはず。

ーーーーーー

ABSINTHE FUSION (アブサン フュージョン)

蒸留所:Matter Luginbul

容量:700ml

度数:68%

コメント
スイスの料理人、ドイツそしてオーストリアの科学者達と共同開発して作られたアブサン!何と言っても最大の特徴は材料にカカオ豆が使用されているということ。香りも味わいもビターチョコレート。

ーーーーーー

Brevans HR Giger(ブレバンH.R.ギーガー)

蒸留所:Matter Luginbul

容量:500ml

度数:68%

コメント
ロックが好きなら「エマーソン レイク&パーマー」のジャケットで、映画ファンなら「エイリアン」のデザインでピンとくる人々も多いのでは?ベースはワインアルコールとマルクのバランスが取れたブレンドタイプ。

ーーーーーー

Nouvelle Vague by Gottfried Helnwein(ヌーヴェルバーグbyゴットフリートヘルンヴァイン)

蒸留所:Matter Luginbul

容量:700ml

度数:68%

コメント
"Nouvelle Vague"という言葉は「ニューウエーブ」というニュアンス。伝統的なアブサンに加え、コーヒーとココアのフレーバーが複雑さを演出している。飲む際は加水した後、少しシュガーシロップを加えても美味しい。

ーーーーーー

Brut d'Alambic (ブリュットアランビック)

蒸留所:Matter Luginbul

容量:500ml

度数:81.6%

コメント
ハーブの色が直接出ている。香りも非常に濃縮された強い香り。度数も非常に高いので加水、そして角砂糖の使用もオススメする。

Blackmint SA(ブラックミント社)

Kubler Neuchatel(キュブラー ヌシャテル)

蒸留所:Blackmint SA

容量:500ml

度数:53%

コメント
無色透明。香りはタイム、カモミール、クローブ、コリアンダー。 余韻は短くキレがいい。スイス最大の蒸留酒コンクール【Disti Suisse】において2019年には金賞を受賞している。

▼詳しくはコチラ▼

【アブサン紹介】Kubler Neuchatel(キュブラー) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Kubler Verte Suisse(キュブラー スイスの妖精)

蒸留所:Blackmint SA(ブラックミント社)

容量:500ml

度数:72%

コメント
自社の畑で育てた有機栽培のニガヨモギ、アニス、フェンネルなどを原料にして無添加で作ったスイスでベストセラーとなっているアブサン。
キュブラー家4代目当主のイヴ・キュブラーが、彼の曽祖父が1875年に最初に創った72%オリジナルレシピを復刻させた歴史ある味わい。天候によって生産量が変わる。

ーーーーーー

Distillerie d'Absinthe Celle à Guilloud(セルアギウ蒸留所)

Celle a guilloud(セル ア ギウ)

蒸留所: Celle a guilloud
容量:700ml
度数:54%
コメント
甘い風味を持つアブサン。適度なドライさと複雑な香りでスイーツとのマリアージュも◎アルコール度数もそれほど高くないので、アブサン初心者にもオススメ。100年以上受け継がれてきたレシピをもとにしたこちらのアブサンをぜひ試して欲しい。

▼詳しくはコチラ▼

【アブサン紹介】Celle a guilloud(セル ア ギウ) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

La Chanvriere(ラ ションヴリエール)

蒸留所:Celle a guilloud

容量:750ml

度数:54%

コメント
スイスで栽培された麻を原料としているアブサン。色は麻由来の淡いグリーンをしている。苦味と甘味がバランスよく混ざり合った心地よい味わい。食後酒にもオススメ。

ーーーーーー

La・Guilloudtine(ラ ギウチン)

蒸留所:Celle a guilloud

容量:750ml

度数:54%

コメント
斬首器「ギロチン」と蒸留所名をもじった商品名との事。香り、味ともにワームウッドを感じる。ビリビリと苦味が強くくるが、スッキリしている。ワールドスピリッツアワードでで2013年〜2018年まで6年連続で金賞を受賞。

ーーーーーー

Gaudentia Persoz(ガウデンシア ペルソス)

Blanche Neige(ブランシュ ネイジ)

蒸留所:Gaudentia Persoz

容量:500ml

度数:53%

コメント
ジェネピの原料として知られるアルプスに自生している特別なヨモギを使用して作られている。黄緑がかった色合い、フェミニンなハーブを感じる香り。口当たり良くシルキーでまろやかな甘さが特徴的。

ーーーーーー

La P’tite(ラ プティテ)

蒸留所:Gaudentia Persoz

容量:700ml

度数:53%

コメント
穏やかでバランスのとれたスイスブルーだ。ヴァルドトラヴェール産の厳選された12種のハーブを使用している。柔らかいアニスの香り、甘さを感じる。

ーーーーーー

La Valdetra Verte(ラ ヴェルデトラ ヴェール)

蒸留所:Gaudentia Persoz

容量:700ml

度数:65%

コメント
パワフルでバランスの良いヴェール。スイスのヴェールでもここまでバランスの良いヴェールはなかなか無い。加水後は素早く濃厚で魅惑的なルーシュを形作る。イギリスのロンドンで2013年Absinthe Mastersにおいて最高のヴェールと称された。

ーーーーーー

La Magie Blanche(ラ メイジ ブランシュ)

蒸留所:Gaudentia Persoz

容量:700ml

度数:53%

コメント
ヴァルドトラヴェール産のグランドワームウッド、ローマンワームウッド、ヒソップ、レモンバームを使用して作られて力強さと柔らかさを持ったバランスの良いアブサン。日本市場向けに作られたそうだ。

ーーーーーー

フランス

Distillerie Paul Devoille(ポール デュヴォワール蒸留所)

Absinthe Du Centenaire(アブサン セントネール)

蒸留所:Paul Devoille
容量:700ml
度数:68%

コメント
レモンの様な清涼感と爽やかな苦味が口のなかで上品にまとまる。アロマもアフターも含めて最後までとても綺麗。ストレートでもロックでも加水でも楽しめる。初心者にも大変オススメ。Absinthe Du Centenaire(アブサン セントネール)

▼詳しくはコチラ▼
【アブサン紹介】Absinthe Du Centenaire (アブサン セントネール) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Libertine 68 Amer(リバティーン 68 エメ)

蒸留所:Paul Devoille
容量:700ml
度数:68%

コメント
「Amer」は苦いという意味。ツンとしたスパイシーで刺激的な香り。口に含むとクリーミーを感じるがその後猛烈な苦味と刺激が。最後はフェンネルやアニスの甘味がほんのり。飲み手を選びそうだが、はまってしまう人も多い。

ーーーーーー

Libertine Original(リバティーン オリジナル)

蒸留所:Paul Devoille
容量:700ml
度数:60%

コメント
1894年のレシピを元にして作られたアブサン。ラベルにはアブサン全盛期のベルエポック時代のパリのカフェでアブサンを楽しむ人たちが描かれている。地元の若い画家に依頼して描いてもらったそうだ。心地よいアロマが広がり、クリーミーでまろやか。最後はアニスの甘味そしてほのかにワームウッドが出てくる。

ーーーーーー

Libertine Fleur d’ Absinthe(リバティーン フルール ド アブサン)

蒸留所:Paul Devoille
容量:700ml
度数:60%

コメント
ニガヨモギが入ったボトルが特徴的。100%ナチュラルで着色は一切なし。豊かな味わい、且後味は軽やかで余韻も素晴らしい。本当に綺麗で美しいアブサン。

▼詳しくはコチラ▼
【アブサン紹介】Fleur d’ Absinthe(フルールドアブサン) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Soixante cinque(ソワサント サンク)

蒸留所:Paul Devoille

容量:500ml

度数:65%

コメント
ワインアルコールベースで作られている。優しくて華やかな甘さ。砂糖は必要ない。豊かな味わいが楽しめる。お気づきであろうが、名前は度数からきている。

ーーーーーー

la charlotte(ラ シャルロット)

蒸留所:Paul Devoille

容量:500ml

度数:55%

コメント
砂糖や人工甘味料、保存料不使用。主原料のハーブの殆どは自社農園で栽培される。

ブドウ由来のベースアルコールを使用している事でハーブのフレーバーに更に奥深い香りを加えている。

蒸留後にハーブを再び浸漬して、自然の色や風味を出している。

ハーバルでフローラル、そしてしっかりとした苦みとアニス、リコリス由来のナチュラルな甘み。

ーーーーーー

Enigma Blanche(エニグマ ブランシュ)

蒸留所:Paul Devoille

容量:700ml

度数:74%

コメント
こちらのアブサンは使用されるハーブそれぞれをここに蒸留した後にブレンドするという製法をとっている。ハーブの香りとアニスの甘味が立ち上がる。

ーーーーーー

Enigma Verte(エニグマ ヴェルテ)

蒸留所:Paul Devoille

容量:700ml

度数:74%

コメント
鮮やかなペリドットグリーンカラーからは、アニスを感じ、緑茶のニュアンスも感じることができる。心地よいハーブの後味。

ーーーーーー

Distillery Les Fils d'Emile Pernot(エミールペルノ蒸留所)

Vieux Pontarlie(ビュー ポンタルリエ)

蒸留所:Emile Pernot
容量:500ml
度数:65%

コメント
オレンジやバランスのとれたフェンネル、グリーンアニスが広がり、ボタニカルをたっぷり感じる。口内に爽やかな苦味が心地よく残る。
決して甘すぎないところも良い。

▼詳しくはコチラ▼
【アブサン紹介】Vieux Pontarlier (ビューポンタルリエ) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーー

Vieux Pontarlie 3ANS(ビュー ポンタルリエ 3年熟成)

蒸留所:Emile Pernot
容量:500ml
度数:65%

コメント
上のVieux Pontarlieを3年熟成させたものなのだが、こんなにも変化するものなのかと驚いた。柔らかく丸みのある味わい。時間が経つにつれてどんどん味も香りも優しくなる。変化を楽しんでほしい。

▼詳しくはコチラ▼
【アブサン紹介】Vieux Pontarlier 3ans (ビューポンタルリエ3年熟成) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Cousin Jeune(クザン ジューン )

蒸留所:Emile Pernot

容量:500ml

度数:65%

コメント
1898年のレシピより蘇ったアブサン 。ラベルは当時の販促ポスター。個性的なエミルペルノのラインナップの中では比較的飲み易いアブサン。フローラルな香りと味の中に、アンゼリカのほろ苦さがある。アニス 酒のようにチョコレートと一緒に飲むのもオススメ。

ーーーーーー

Denist Jeune(デニゼ ジューン)

蒸留所:Emile Pernot

容量:500ml

度数:56%

コメント
甜菜原料のスピリッツにワームウッド、アニス、フェンネル、アンゼリカ、コリアンダー、シナモンを漬け込んで蒸留している。ホワイトアブサン。加水して楽しんで。

▼詳しくはコチラ▼

【アブサン紹介】Deniset Jeune(デニゼジューン) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Bourgeois(ブルジョワ)

蒸留所:Emile Pernot

容量:500ml

度数:55%

コメント
アブサン 禁止法以前より存在していたがアブサン 。ベーシックでバランスがよく飲み手を選ばない。

原料のスピリッツはグレープスピリッツではなく甜菜原料のものを使用している。

ーーーーーー

Berthe de joux(ベルト ジュー)

蒸留所:Emile Pernot

容量:700ml

度数:56%

コメント
過去のレシピから造られたアブサンが中で初めて、マスターディスティラーのドミニク ルーセルが造ったオリジナルのアブサン 。

原料のグレープスピリッツからはシルキーさとフルーティーさを、グリーンアニスからはスパイシーさと旨味を、フェンネルからはリッチなボディと口当たりの良さを、グランドポンタリエワームウッドからは力強いアロマと地元ジュラの山の芳香、他ハーブからはスパイシー、フレッシュさを得、非常に複雑で個性的なアブサンとなっている。

ーーーーーー

Authentique(オーセンティック)

蒸留所:Emile Pernot

容量:700ml

度数:65%

コメント
輝くイエローグリーン、スパイシーなワームウッドの香り、フェンネルとアニスの甘味を感じる。その上にレモンやミントのような爽やかさがバランスよく混じり合っている。甜菜原料のベーススピリッツで作られている。

ーーーーーー

L’ Aparte des Apotres(ラ パルテ デザ ポトレ)

蒸留所:Emile Pernot

容量:750ml

度数:69%

コメント
日本のバーテンダーと共同開発した完全日本市場向けの400本限定アブサン。エミールペルノ社らしいバランスの良い香り、味わいに加え更なる変化を感じる素晴らしいアブサン。

▼詳しくはコチラ▼

【アブサン紹介】L’ Aparte des Apotres(ラ パルテ デザ ポトレ) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Liquoristerie de Provence (リコリストリー ド プロヴァンス)

VERSINTHE(ヴェルサント )

蒸留所:Liquoristerie de Provence
容量:700ml
度数:45%

コメント
甘みをしっかりと感じるアブサンが飲みたいならオススメする。何かのスイーツと合わせたり、ミルクで割ったりして可愛らしく楽しみたいと思う一点。
このヴェルサンテ アブサンシリーズはいくつかあるので他にも色々試してみたい。

▼詳しくはコチラ▼
【アブサン紹介】VERSINTHE ABSINTHE(ヴェルサント アブサン) - Absinphile

ーーーーーー

VERSINTHE LE VERTE(ヴェルサント ラ ヴェルテ )

蒸留所:Liquoristerie de Provence

容量:500ml

度数:55%

コメント
美しいグリーンのアブサン。ニガヨモギ、リンドウ、タイムを原料にしている。ブランシェをベースにしているので甘さは控えめで、最後まで残る苦味が特徴的。キレのある爽やかな苦味。

ーーーーーー

VERSINTHE LE BLANCHE(ヴェルサント ラ ブランシェ)

蒸留所:Liquoristerie de Provence

容量:500ml

度数:55%

コメント
48度の低温で真空調理する世界でただ一つのお酒。高温では微妙なアロマが壊れてしまうため、植物のデリケートなアロマ成分を高めるためにこの方法が使用されている。日本のアブサン好きの多くに支持されているホワイトアブサンだ。アニスをたっぷり感じる。加水すると白濁。

ーーーーーー

Distilleries et Domaines de Provence(ディスティラリ エ ドメーヌ ド プロヴァンス)

VABSENTE 55(アブセント)


蒸留所:Distilleries et Domaines de Provence
容量:700ml
度数:55%

コメント
ピリッとした口当たりの後に苦味がやってくる。その後甘みが口内を包む。

フィニッシュには十分な風味がある。VERSINTHE ABSINTHEと似た印象。

▼詳しくはコチラ▼
【アブサン紹介】ABSENTE 55 - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Grande Absente 69(グランド アブサン)


蒸留所:Distilleries et Domaines de Provence
容量:700ml
度数:69%

コメント
黄色がかった輝きのあるグリーン。パワフルなアタックで多くのハーブを使用し、苦味が強く甘味も少ない。加水がオススメ。カクテルにも良く合う。

ーーーーーー

L’Extreme d’ ABSENTE(エクストリーム アブサント)


蒸留所:Distilleries et Domaines de Provence
容量:100ml
度数:70%

コメント
スポイトのついた瓶に入っており、そのまま飲むものではなくカクテルや料理に数滴加えて楽しむもの。カクテルやビールにポタポタと。

▼詳しくはコチラ▼
【アブサン紹介】L‘Extreme d’ABSENTE (エクストリーム アブサント) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーーー

Pernod Ricard(ペルノ リカール)

PERNOD ABSINTHE(ペルノ アブサン)

蒸留所:Pernod Ricard
容量:700ml
度数:68%

コメント
とにかくインパクトのある一本。痺れる様な口当たり、強烈なインパクト、苦味、そしてその後に蜂蜜の様なほのかな甘みがやってくる。
飲み応えあるアブサン。ペルノリカールが出している製品「PERNOD」と混同しないように。

▼詳しくはコチラ▼
【アブサン紹介】PERNOD ABSINTHE(ペルノ アブサン) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

La Maison Fontaine(ラ メゾン フォンティーヌ)

Absinthe Blanche(アブサン ブランシュ)

蒸留所:La Maison Fontaine

容量:700ml

度数:55%

コメント
ポンタルリエ産のハーブを使用しており、レモンとミントのフローラルな香りが特徴で甘くて爽やかな味わい。カクテルにもなじみが良い。

ーーーーーー

Absinthe Verte(アブサン ヴェール)

蒸留所:La Maison Fontaine

容量:700ml

度数:55%

コメント
ブランシュと同じくポンタルリエ産のハーブを使用。豊かなワームウッドとペッパーの香りが特徴的だ。

ーーーーーー

Elie-Arnaud Denoix(エリ アルノー ドゥノワ) 

Mythe Absinthe Traditional(ミス アブサン  トラディショナル)

蒸留所:Elie-Arnaud Denoix

容量:700ml

度数:69%

コメント

ワームウッド 、アニスシード、スターアニス、ヒソップなどのハーブをアルコールに漬け込み蒸留。

着色料や香料を使用しない無添加の伝統的な造り方。加水すると鮮やかなオリーブグリーンからパステルグリーン色に。

様々なハーブがバランスよく混ざり合い力強い味わいを生みだしている。

ーーーーーー

Trenet(トレーネ)

Trenet Premium(トレーネ プレミアム)

蒸留所:Trenet
容量:700ml
度数:60%

コメント
色、味、香り、とてもアーティフィシャルなアブサン。エメラルドグリーンが印象的。しっかりとしたハーブの香りとミントのアロマ。

湿ったヨモギの特徴的な味と若干のバニラのニュアンス。加水がオススメ。

▼詳しくはこちら▼

【アブサン紹介】TRENET(トレーネ) - アブサン研究室 -Absinphile-

 

ーーーーーー

SLAUR SARDET(スロー サルデ)

PERE KERMANN'S ABSINTHE(ペールケルマン アブサン)

蒸留所:SLAUR SARDET
容量:700ml
度数:60%
コメント

意外とサラリとした飲み口で、甘さはあまり感じない。うがい薬のような、、、。 ニガヨモギ にペパーミント、グローブ、シナモンなどのハーブを使用したアブサン。

ーーーーーー

CHERRY ROCHER(シェリー ロシェ)

Cherry Rocher Absinthe55°(シェリーロシェ アブサン)

蒸留所:cherry rocher

容量:700ml

度数:55%

コメント
フランス大手のリキュールメーカーシェリーロシェが作るアブサン。厳選されたワームウッドとスパイス、そしてシトラスで作られた。2019年のパリにおける農業コンテストにおいて銀賞を受賞した。

ーーーーーー

Absinthe Grand OR(アブサン グランドール)

蒸留所:cherry rocher

容量:700ml

度数:65%

コメント
厳選されたワームウッドトローマワームウッドを使用してマセレーションしており自然の色がとても美しい。フランス最高のアブサンを選ぶレファレンスコンペティションで2014年「グランドール賞」を受賞。また、2016年と2018年にはパリの農業コンテストにおいて金賞受賞。

ーーーーーー

チェコ

Absinthe original(アブサン オリジナル)

Absinthe original bitter spirit(アブサン オリジナル ビター スピリット)


蒸留所:Absinthe original
容量:700ml
度数:70%

コメント
ユリの花が使われているアブサンだけあって、青々しいハーブ系よりも可愛らしい花のイメージ。味わいがとても素晴らしく、段々と上品さが増してくる。色っぽいアブサンだ。

▼詳しくはコチラ▼
https://absinthe.hatenablog.jp/entry/2020/02/02/190151

ーーーーーー

king of spirits gold(キング オブ スピリッツ ゴールド)

蒸留所:Absinthe original
容量:700ml
度数:60%

コメント
100mgのツヨンが成分として入っている。飲みごたえたっぷり。スイスのオリジナルのレシピを元にして作られている。着色料、保存料、添加物無しのアブサンだ。

ーーーーーー

Beetle(ビートル)

蒸留所:Absinthe original
容量:700ml
度数:60%

コメント
なんとボトルの中に昆虫(フナムシ)が入っている。ツヨン濃度は35含まれており、苦味あるアブサン。

ーーーーーー

Absinth Zeleneho Stromu

蒸留所:Palirna u zeleneho stromu

容量:500ml

度数:70%

コメント
蛍光色にギラギラ輝く緑色が印象的。ドライでケミカルな味わい。

Zufanek(ズファネック)

Mead base absinthe(ミード ベース アブサン)

蒸留所:Zufanek
容量:500ml
度数:68%

コメント
ベーススピリッツがミード(蜂蜜酒)で作られている。甘い蜂蜜と苦いワームウッドが織り成す香りと味わいは他にはない。

ーーーーーー

Absinthe St. Antoine(アブサン セント アントワーヌ)

蒸留所:Zufanek
容量:500ml
度数:70%

コメント
「100%ナチュラル」をモットーに作られたアブサン。高品質な厳選されたハーブを使用して浸漬し蒸留されている。

ーーーーーー

Justifiee & Ancienne(ジャスティフィ&アンシエ)

蒸留所:Zufanek
容量:500ml
度数:65%

コメント
2013年に蒸留されそのあと樽で寝かされたワインスピリッツをベースアルコールにしている。ハーブを浸漬して蒸留したアブサンを更にまたフレンチオークで寝かせ、まろやかで爽やかな味わいと香りを醸し出している。

ーーーーーー

L'Ancienne(ランシエンヌ)

蒸留所:Zufanek
容量:500ml
度数:65%

コメント
最高級のハーブをワインスピリッツで蒸留している。2014年で生産が終了しているので見かけたらラッキー!

ーーーーーー

ドイツ

La Berlinoise(ラ ベルリノイズ)

La Berlinoise No.1(ラ ベルリノイズ N0.1)

蒸留所:La Berlinoise
容量:500ml
度数:53%

コメント
ベルリノイズはアブサンの聖地ヴァル ド トラヴェールからレシピを教えてもらい、彼らの持つ蒸留所で作られている。ベルリン初のスイスブルーだ。スイスのブルーと似ているが、こちらの方がワームウッドの苦味がたっぷり味わえる。最後はアニスのまろやかさで口の中がふわふわ。

ーーーーーー

La Berlinoise No.2(ラ ベルリノイズ N0.2)

蒸留所:La Berlinoise
容量:500ml
度数:65%

コメント
La Berlinoise No.1のアルコールをさらに高くしたもの。

ーーーーーー


La Berlinoise No.3(ラ ベルリノイズ N0.3)

蒸留所:La Berlinoise
容量:500ml
度数:81%

コメント
美しく透き通ったアブサン。81%あるが、アルコール感よりも繊細なヨモギやミントの香りを感じる。苦味の後にほのかな甘み。ストレートを楽しんだらやはり少しずつ加水するかロックで飲むことをオススメする。

▼詳しくはコチラ▼
https://absinthe.hatenablog.jp/entry/2020/02/08/213731

ーーーーーー

Las Villas(ラス ヴィラス)

蒸留所:La Berlinoise
容量:500ml
度数:53%

コメント
ベルリノイズ4番目のアブサンはスペインのホワイトタイムを使用したものだ。独特の味わいを持つブルー。

ーーーーーー

La Berlinoise No.5(ラ ベルリノイズ N0.5)

蒸留所:La Berlinoise
容量:500ml
度数:60%

コメント
ベルリノイズシリーズ初のVerteだ。No.4で使用されたスペイン産のホワイトタイムとワームウッドを使用している。爽やかな苦味のあるアブサン。

ーーーーーー

Neuzeller(ノイツェラー)

Calendura(カレンデュラ)

蒸留所: Neuzeller

度数 72%

容量 500ml

コメント
こちらのアブサンはその名前の通りマリーゴールドが大切な材料として使用されている。ふかふかで柔らかい土っぽいニュアンス。アールグレイの様な紅茶っぽさもある。アルコール度数が強いアブサンだが、様々なハーブ、花の要素が混ざり柔らかく丸みを帯びた余韻。

▼詳しくはコチラ▼

【アブサン紹介】Calendura(カレンデュラ) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

Malvales(マルベール)

蒸留所:Neuzeller
容量:500ml
度数:72%

コメント
ボトルの名前にもなっているマルベールというのはラテン語のハイビスカスのことだ。ユーカリ、シトラス、ミントのアロマを感じる。植物のマセレーションにより色も少し独特な色をしている。ワームウッドの香りが強く、アニス、フェンネルもしっかり感じる。


ーーーーーー

virides Auxilium(ヴィリディス アウクシリウム)

蒸留所:Neuzeller
容量:500ml
度数:72%

コメント
ハーブの風味と軽い苦味。メリッサ、ヒソップ、プチワームウッドによって自然の色がつけられている。ワームウッド、アニスの心地よいスパイシーな味わい。生き生きとして爽やか。そして長い余韻を楽しめる。ワールドスピリッツアワードの金賞を2010年に受賞している。

ーーーーーー

Venus(ヴィーナス)

蒸留所:Neuzeller
容量:500ml
度数:72%

コメント
ハーブとフルーティーさを感じる。他のNeuzeller商品と比べても苦味やアルコールさをそこまで感じない非常に女性らしいアブサンだ。色もルビーレッドで美しい。アロマはキャラメル、蜂蜜、モルトも感じ取ることができる。味わいはワームウッドの他にアニス、フェンネル、クミンや柑橘類を感じる。

ーーーーーー

Neue Liebe(ノイエ リーベ)

蒸留所:Neuzeller
容量:500ml
度数:72%

コメント
バラの花を素材として使用している。鮮やかなバラ色のカラーと華やかなアロマ。

ーーーーーー

feller(フェラー)

Cornix(コルニクス)

蒸留所:feller

容量:500ml

度数:65%

コメント
cornixとはカラスの意。ボトルデザインもこの生物からインスピレーションを得ている。天然ハーブで着色し、その後濾過。レモンバームとミントのアクセントが効いてフレッシュな味わい。柔らかいアニスでまとめられている。カクテル材料としても最適。

ーーーーーー

Aixsinthe(エクシント)

Vivide fut de chene(ヴィヴァイド フットゥ ドゥ シェイヌ)

蒸留所:Aixsinthe

容量:500ml

度数:68%

コメント
スイスやフランスから集められた10種類のハーブを使用している。ワインアルコールベースで作られており、着色後はオーク樽で短時間寝かされる。これにより樽の柔らかさが出てくる。

ーーーーーー

SaarWhisky Gmbh(ザー ウイスキー Gmbh)

Furst von Absinthe(フォースト ヴォン アブサンテ)

蒸留所:SaarWhisky Gmbh

容量:500ml

度数:68.3%

コメント
非常に強烈で複雑な個性を持っているアブサン。ラベンダーらしさが出ている。着色料不使用だ。

ーーーーーー

Herr der Frosche(ヘール デ フロシェ)

蒸留所:SaarWhisky Gmbh

容量:500ml

度数:68.3%

コメント
こちらも非常に強烈で複雑な個性を持っているアブサン。スイスのヴァル ド トラヴェールのオリジナルレシピを元にして作られている。

ーーーーーー

Weisser Kristall(ワイサー クリスタル)

蒸留所:SaarWhisky Gmbh

容量:500ml

度数:68.3%

コメント
こちらのアブサンは個性的なブランシュタイプ。アニス感がありその他にレモンバームも感じる。着色料は含まれていない。

ーーーーーー

Absense(アブセンス)

蒸留所:SaarWhisky Gmbh

容量:500ml

度数:68.3%

コメント
「Absense」はドイツ語で「鎌」という意味。ボトルもホラーテイストなイラストが描かれており、アブサンの鎌との関係は何かありそう。。こちらのアブサンはVerteタイプでレモンバームやヒソップの甘さを感じる。

ーーーーーー

Fragment(フラグメント)

蒸留所:SaarWhisky Gmbh

容量:500ml

度数:68.3%

コメント
蒸留したあとに様々なハーブやベリーで着色と香りづけをしている。

ーーーーーー

Yggdrasil(ユグドラシル)

蒸留所:SaarWhisky Gmbh

容量:500ml

度数:68.3%

コメント
蒸留した後に古いバーボン樽で保管され、その後白樺の樹液と合わせたアブサン。樽の香り、そしてライムやレモンのようなフルーティーで甘い味わい。「ユグドラシル」とは北欧神話に登場する架空の巨木のこと。

ーーーーーー

Marienhof(マリエンホーフ)

Marienhof Absinth(マリエンホーフ アブサン)

蒸留所:Marienhof

容量:700ml

度数:55%

コメント
ドイツの有名リキュールを作るマリエンホーフが作るアブサン。甘みをしっかり感じる。

▼詳しくはこちら▼

【アブサン紹介】Marienhof Absinth(マリエンホーフ アブサン) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー

アメリカ

Delaware phoenix Distillery(デラウェア フェニックス ディスティラリー)

Walton water(ウォルトン ウォーター)

蒸留所: Delaware phoenix Distillery

容量:750m

度数:68%

コメント
苦い、重たい、ヘヴィである。ワームウッド を存分に楽しみたい方には非常におすすめ。アメリカニューヨーク州の端っこを流れるウェスト ブランチ デラウェア川の近くに蒸留所はある。

▼詳しくはコチラ▼

【アブサン紹介】Walton water(ウォルトン ウォーター) - Absinphile

ーーーーーー

Meadow of Love(メドウ オブ ラブ)

蒸留所:Delaware phoenix Distillery

容量:500ml

度数:68%

コメント

ベースはグレーンスピリッツ。蒸留後に天然ハーブで着色されている。様々なハーブが心地よく合わさり、「フェミニンアブサン」と呼ばれる。

ーーーーーー

Blue cat(ブルーキャット)

蒸留所:Delaware phoenix Distillery

容量:500ml

度数:68%

コメント

2011年秋に別グループとコラボして作られたアブサン。元は2012年一回きりの限定販売予定だったが、再度別バッチで作られることになった。蒸留元こだわりのハーブを栽培しているため、なかなか生産が追いつかない。

ーーーーーー

スペイン

Rodnik’s(ロドニクス)

Rodnik’s Absinthe Classic(ロドニクス アブサン クラシック)

蒸留所:ロドニクス

容量:700ml

度数:70%

コメント
最高級のハーブを使用しており、柔らかいアニスの香りが特徴。ニガヨモギの含有率が高いため、芳しい香りが強く感じられる。余韻はフレッシュでスパイシーさを感じる。

カナダ

Tofino Distillery(トフィノ ディスティラリー)

The Psychedelic Jellyfish(サイケデリック ジェリーフィッシュ)

蒸留所:Tofino Distillery

容量:500ml

度数:73%

コメント

認証を受けたオーガニック原料のみを使用し、ニガヨモギ、アニス、フェンネル、ヒソップ、レモンバームといったハーブをふんだんに使ったアブサン。

▼詳しくはコチラ▼

【アブサン紹介】The Psychedelic Jellyfish(サイケデリック ジェリーフィッシュ) - アブサン研究室 -Absinphile-

ーーーーーー